人生においてチャラくなることは正しいときもあり、つまりはポテトチップスの話

こんにちは!

小顔マイスターの藤原です!

小顔になりたい方はこちらをチェック!!

 

世の中には2種類の人間がいるわけです。

それはチャラい人間とチャラくない人間です。

 

最近のぼくはお客さんからチャラくない人間と思われているようで
【なんか藤原さんって美容師っぽくないですよね】とか【落ち着いて真面目そう】って言われるんです。

いやいや、そんなことはない!私はクレイジーですから!!

酔ったら大先輩の腕に噛み付くような危険な男ですからね。(あのときには多大なご迷惑をお掛けしました。)

 

ご年配のお客さんから小泉孝太郎さんに似てるって言われるんです。これもきっと真面目そうに見えるからでしょう。
あんな好青年なわけがないし、ぼくは小泉純一郎さんになりたいのです。

将来は小泉純一郎さんヘアスタイルをやってみたいし、ぼくのスローガンは【髪質改革なくして成長なし】です。

 

そんなぼくが最近よく思うことがあるんですよね。

ぼくって芋っぽいんじゃないかと思うわけです。

芋っぽいって意味を調べてみると田舎っぽいとかダサいと言う意味らしいですよ。

東京にでて来てもう8年目。

さすがに東京での[marker]こなれ感[/marker]が出てきたと思っている僕には耐え難い言葉ですね。

僕の芋っぽさを演出しているのはこの黒髪のせいではないか?と日々、疑問が湧いてくるわけですよ。

 

なるほど、そうか!今の自分に必要なのはチャラくなることなのか!!

ということでアシスタントの子たちの黒髪の方が似合うという意見をガン無視して髪色を明るくしてみました。

 

いかがでしょうか?

芋を油で揚げたようなカラーができましたね♪

黒髪のときの芋っぽさが消えて、これはもうポテトチップスにしか見えない!!

ということで、この夏限定の新メニューはポテトチップスヘアコースです!!

ご予約の際にポテトチップスヘアーでとお伝えください。

飲物をお出しする際に、そっとポテトチップスを置かせていただきます。

 

  • ご予約はこちらから↓

電話予約

047-382-8957

 

LINE予約

友だち追加

 

ホットペッパー予約

最新情報をチェックしよう!

日常の最新記事4件