ブランドは身だしなみから。

  • 2017年5月18日
  • 2018年5月18日
  • 未分類

VISAGEでは会社のブランディングに力を入れています。

その名をVBAです。

ヴィサージュ・ブランディング・◯◯◯

Aの部分は忘れてしまいましたが、VISAGEのブレンドを作っていくチームです。

そして、僕もVBAの1人として日々、VISAGEの秩序を守っています!

やっていることはお客様がどのスタッフと接しても、VISAGEっていい会社だねと言っていただけるような会社の理念を伝えていくこと、言葉遣い、挨拶などの徹底や、服装のチェックなどです。

全てをマニュアル化するのは良くないと思いますが、VISAGEで働くものとしての基準を作り会社全体の質の向上を目指しています。

  • ここで問題です。

この画像はVISAGEブランディングとして良くないところがあります。

それはなんでしょう?


こちらが正解です

そうです。

遠近法を使って自分の顔を小さく見せていますww

それは冗談で、正解はジャケットを羽織ったことです。

しかし、VISAGEではジャケット着用が義務ではありません。

Tシャツのみで営業が良くないのです。

Tシャツのみだとお客様にラフすぎる印象を与えてしまう為、ジャケットか襟のあるシャツが基本となります。
他の美容室ではTシャツ1枚で営業されているところもあります。

それはそれで良いと思います。

涼しいですし、マッチョが着たらTシャツのみでもカッコいいですからねw

でもVISAGEではラフすぎる服装は禁止しています。

例えるなら、ぼくは中学の頃、携帯電話を買ってもらえなくて母にこう言いました。

(◯◯君はケータイ買ってもらってるから僕も買ってよ!)

すると、母の返答は

【よそはよそ、うちはうち】

と言ってケータイを買ってもらえませんでした。

これもブランディングです。藤原家ブランドですね。
これと同じでよその美容室はよその美容室理論です。
なんでこんなに厳しくするのかというと全てはお客様のことを考えています。

やはりだるっだるの服の人に髪を触られるよりきちんとした服装の人にやってもらう方がいいですし、

Tシャツのみで接客されるよりジャケットを羽織っている人に接客される方が安心感があります。
お客様への安心感が上がればブランド力も上がっていきます。

もっと上げていきます。ブランド力!

最新情報をチェックしよう!