バッサリショートヘアで失敗しないために髪を染めるべき理由とは?

  • 2017年12月25日
  • 2018年7月25日
  • コラム

こんにちは!

小顔カットが得意な美容師のフジワラリョウヘイ(@r3f23)です!

 

 

黒髮のままバッサリショートヘアにしないでください

 

え?なにこいつ。いきなりなんでスカ?

 

と、そんな声が聞こえてきそうですが、

これはバッサリショートヘアに挑戦される方に失敗して欲しくないから言わせていただきます。

正確にいうと、イメージチェンジの成功率をあげるためなんです。

 

 

スポンサードサーチ

バッサリ切るなら髪を明るく染めた方がいい理由

 

カラーをしないまま、黒髪でショートにするとかなり 失敗しやすい です。

なぜか?

それは、黒髪だとどうしても重たく見えてぽってりとした田舎感がでてしまうのです。

ヘアカタログに載っているショートヘアのデザインはだいたい明るい髪色になっています。
髪色が明るいからこそ、似合うショートヘアってあるんですよ。

 

 

ロングヘアからバッサリショートヘアへ

 

ロングヘアからショートカットにすることは勇気がいることだと思います。

ずっと髪の毛が長いままの人って以前にショートヘアにカットして 失敗したからもう短くはしない って方が多いです。

でも、可愛い子でも和田アキ子ヘアにカットすればだいたい残念ですよ。

 

そこで、言わせて欲しいです。
一度の失敗で私はショートカットが似合わないんだと諦めないで欲しい。

 

その一度のカットの失敗は、実は美容師側の技術の問題で、お客様は悪くない場合もございます。
もし、違うデザインのショートカットだったら、似合ってて周りからも褒められたかもしれません。

 

 

本日のバッサリカット

 

 

こちらのお客様はカットのみでご来店されました。

カウンセリングでお話を伺ってみると、なんと バッサリ切りたい! とのことでした。

 

バッサリカットはちょっとテンションが上がります!
やっぱりお客様を大変身させるのは 僕としても楽しい からです。

 

バッサリ切ると、良くも悪くもみんなの注目の的になりますよね!

もし、素敵なデザインでその方に似合っているなら、周りの方からも褒められて前向きな気持ちになれることでしょう。

 

しかし、ダサい髪型になってしまったら?

周りの方から前の方が良かったよーなど言われ、お客様は悪くないのに、やっぱりバッサリ切ったから似合わないんだー。切るんじゃなかったとなってしまいます。

 

でも待ってください

それは本当に短いのが似合わないのか?
それとも切ったデザインが良くなかったせいなのか?

バッサリ髪を切るということは、美容師にもそれだけ責任が伴うと思います。

お客様の髪をカットするにあたって、それくらいの気持ちで担当させていただきます。

 

 

しかし、ここで問題が!

今回のお客様は カットのみのご予約でした

カラーはやったことがなく、黒髪のままです。

 

このお客さんならカラーして切った方が絶対可愛くなる!!

そう確信した僕はカラーをまったく考えていなかったお客様に会社で許されるギリギリで染めましょうと提案させていただきました!

お客様は僕の提案を受け入れてくださり、急遽カラーもすることに!

ちなみにオススメの明るさは8レベルです!

 

 

 

仕上がりはこちら

 

 

めちゃくちゃ良い!!

 

自分で言うのもあれですが、とても綺麗なヘアスタイルになりました!

やはり、カラーをしたのがファインプレーですね!

黒髪のままだとこうはならなかったことでしょう。

 

ロングからバッサリ切りたい方、
バッサリカットに不安がある方は少し明るめに染めることをオススメします!

 

 

バッサリカットの動画はこちら

 

 

 

まとめ

 

バッサリショートヘアにするなら明るく染めましょう!

黒髮のままショートヘアにすると失敗の確率が上がってしまいます。

オススメの髪色は8レベル!会社で規定がある方はそれに合わせてください。

 

あとは、ショートヘアは難しいので信頼できる美容師さんにお願いしてみてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!