髪に良いと言われる、秋の旬な食材5選

  • 2017年9月28日
  • 2017年11月1日
  • 未分類

こんにちは!

小顔マイスターのフジワラです!

髪の毛に良いとされる食材はたくさんあります。

ですが、食材には旬があり、美味しく食べられる時期は異なります。

髪の毛に効果があるものも、どうせなら美味しく食べたいじゃないですか!ということで、秋が旬の食材で髪の毛に良いとされるものをまとめてみました。

 

 

スポンサードサーチ

髪の毛に良いとされる秋が旬の食材

 

牡蠣


牡蠣には亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は髪の主成分であるタンパク質を生成する上で、欠かせないものです。

亜鉛が不足すると髪が生えてきません。

また、牡蠣にはアミノ酸が豊富です。

その中のタウリンは血行を促進し、血管を柔軟にする働きがあります。

秋から冬にかけて旬なのは真牡蠣(マガキ)です!

牡蠣は加熱しても栄養素が失われることがありません。

生ガキが苦手な方は加熱して召し上がってください!

 

 

緑黄色野菜


緑黄色野菜も髪の毛に良い効果があります。

緑黄色野菜に含まれるビタミンAはタンパク質から髪の毛を作るサポートをして健康な頭皮にしてくれます。

緑黄色野菜はたくさんあります。
秋が旬の緑黄色野菜は

  • かぼちゃ
  • ニンジン
  • ギンナン

です。

どれも今の時期から美味しくなります!

 

 


鮭にはアスタキサンチンという天然色素が入っています。

細胞の老化を防ぐ強力な抗酸化作用があり、頭皮の老化や、育毛をサポートしてくれます。

また鮭には髪の材料となる良質なタンパク質もたくさん含まれています。

秋が旬の鮭はそのまんまですが、秋鮭です。

 

秋鮭とは

産卵のため、秋に日本へ戻ってくる鮭のことです。この時期が1番美味しいです!

 

 

スポンサードサーチ

大豆


大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることから、髪の毛の悩みに効果があります。

エストロゲンは思春期の女性に多く分泌されるもので、健康や体型に関わり、思春期をピークに減少します。

エストロゲンが減少すると薄毛の原因になります。

大豆イソフラボンを摂取するとエストロゲンと同じ効果が得られます。

大豆の旬は10〜12月です。

大豆は秋から冬が1番美味しくなります。

 

 

柑橘類


柑橘類はビタミンが豊富に含まれているため、健康や美容にとっても効果があります。

柑橘類に多く含まれるビタミンCは髪のコラーゲンの生成を促進する働きがあるため、髪のツヤやハリに効果的です!

また、ビタミンCとビタミンAは頭皮の健康維持に必要な栄養素となっています!
秋が旬の柑橘類は

  • 柚子
  • シークワーサー
  • 国産ライム

 

今日ご紹介したものはすべて秋から美味しくなる旬のものです。

秋も美味しく、髪の毛を健康にしていきましょう!!

 

 

 

小顔になりたい方はこちらをチェック!!

あなたに似合う小顔ヘアスタイルがわかる!顔型タイプ4選

 

 

意外と知られていない【ストカール】とは?

【ストカール】とは?意外と知られていない、美しくなる選択肢

 

 

最新情報をチェックしよう!